Menu

電話相談があることは知っていた?b型肝炎について

b型肝炎に自分自身が罹患していること自体を知らないという人も少なくありません。いわゆるキャリアのまま症状に見舞われることなく、生活している人も多くいます。以前に行われていた集団予防接種などでの注射針の使い回しなどが原因となり発症するb型肝炎は、政府や自治体が主導的になることが求められます。

詳細について見てみましょう。

本人が知らない間に感染も

b型肝炎に悩む患者の数が増えているのは、大きな問題といえるのではないでしょうか。決して政府や自治体はb型肝炎患者の実態に目を背けてはいけません。できる限りのサポートをしてあげることが必要なことはいうまでもありません。

私自身も、b型肝炎の歴史や現実を知った時には、かなりの怒りを覚えました。昔の学校などでの集団予防接種などが原因となり、ウイルスに感染してしまうというのがb型肝炎の発症ルートとされています。確かにかつての、予防接種の現場には、危機感や緊張感が足りていなかったのは事実といえるでしょう。

そもそも、現代のような万全な医療体制が構築されていなかったことも否定できません。注射針の使い回しなども平気で行われていたことも現実です。b型肝炎患者への救いの手を差し伸べる活動をしているのは、厚生労働省を中心にした組織です。

b型肝炎患者の苦悩に寄り添い、少しでも良い方法を求めてさまざまな方法や対策を講じています。b型肝炎患者がなくなることがないのは、母子感染などを通じて、若い世代にもb型肝炎患者が多くいるからです。最近では、生まれてから直ぐにワクチン接種などをすることで、b型肝炎のリスクを最小限に抑制することが可能となっています。

医療機関や医師、研究者などの並々ならぬ努力がb型肝炎患者数の減少につがなっているといえます。

献血することができない

b型肝炎患者の悩みをしっかりと聞いてあげることも必要なことといえるでしょう。b型肝炎患者に罹患した人は、自らの責任は皆無といっても言い過ぎではありません。母子感染などが原因となり、b型肝炎患者になってしまったという人も多くいます。

b型肝炎であることで、輸血に協力できないということを私自身も勉強しました。献血の必要性については、従前から大きく叫ばれてきただけに多くの人がご存知ではないでしょうか。

交通事故や血液の病に罹患している人を助けるためにも、献血をすることが求められているのです。「b型肝炎だから献血にも協力できなくて残念」と話すb型肝炎患者の非通な叫びを耳にすることが多くあります。このようなところでも、b型肝炎患者は苦しんでいます。

b型肝炎患者に救いの手を伸ばさなくてはならない立場にあるのが、政府や自治体であることはいうまでもありません。

しかしながら、その活動は極めて消極的であり、後手後手にまわっていると言わざるを得ません。ここまでb型肝炎の問題がクローズアップされているにもかかわらず、政府や自治体の活動内容は目に見えて積極性を感じることはなく、b型肝炎患者や支援者などに指摘されてからの対応となっているのが実情です。

より慎重さが求められる

政府や自治体のb型肝炎患者への対応には不満があることはいうまでもありませんが、そのような事態を受け、弁護士などの有識者が先頭に立って活動する動きが見られるようになってきました。

弁護士事務所などでは、電話相談にも積極的に応じるなどしており、b型肝炎患者を勇気づけているのです。電話相談が好意的に受け止められているのは、それだけ気軽に相談することができるからといえるのではないでしょうか。

弁護士事務所によっても異なりますが、希望によっては匿名での相談にも応じるなどの柔軟性を持っているのも、特徴的な点です。むろん、正式に弁護士に依頼することになれば、身元を明かすことになるのは当然ですが、身体にまつわることだけに、より慎重に取り扱わなければならない問題であるという認識を持つ弁護士も少なくありません。

b型肝炎に罹患することで、職場や学校などで差別や不当な扱いを受けるなどのリスクも決してゼロとはいえないだけに、不用意に話を広げることがあってはいけません。エイズウイルスと比較することは妥当ではありませんが、他人の受け止め方次第では、b型肝炎患者を余計に苦しめることにもなってしまいます。

給付金制度の周知徹底が大事

電話相談をすることがきっかけになり、初めてb型肝炎の給付金の存在を知るというケースも少なくありません。b型肝炎患者の中には、「給付金制度があること自体を知らなかった」などと語気を強める人も大勢います。テレビやネット上などでも、b型肝炎患者への給付金のお知らせはしていますが、もう少し大々的に行うことが必要といえるのではないでしょうか。

b型肝炎患者の中には、給付金制度を知ることなく、死亡してしまうという人も多くいるといわれます。政府や自治体は、もう少し積極的に給付金制度の周知徹底を図るべきといえるでしょう。特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法について理解している人の数は極めて少ないというのが実態かもしれません。

日本国内には、およそ45万人はいるとされるb型肝炎患者ですが、自らがb型肝炎患者であることに気付き、実際に行動しているのはおよそ3万人程度というのが現実です。このような実態を見ても、政府や自治体の対応の甘さが露呈しています。

b型肝炎の再活性化の概念及び再活性化に関してb型肝炎訴訟で求められることとは

過度な心配は無用!弁護士費用の実態

弁護士などの有識者が主体的に行う電話相談では、遠慮することなく、給付金制度を活用することを勧めています。確かにb型肝炎患者の多くが、重篤なb型肝炎の症状に見舞われることなく、平穏な生活を送っているのも現実です。

しかしながら、b型肝炎のウイルスに感染しているだけでも、b型肝炎のリスクを常に持っていることを忘れてはいけないといえるでしょう。「手続きが面倒くさい」などという人も過度に心配する必要はありません。弁護士が本人に代わって難しい手続きや申請をしてくれます。

弁護士費用を請求されることを心配して、依頼や相談に二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。もしそのような人がいるなら、依頼する前に詳細をチェックすることができます。多くの弁護士事務所では、成功報酬となっていますので、費用負担は限定的といえます。