Menu

b型肝炎の感染経路とささくれを防ぐ重要性の詳細

b型肝炎は一度発症すると医学的な意味での完治には至らず、生涯にわたって症状の悪化を防ぐための治療を続ける必要がある難病です。b型肝炎にならないことが最も重要ですが、感染性があるので注意する必要があります。

b型肝炎の感染経路や症状の詳細を学び、感染しないように毎日の暮らしの中で注意することを心がけましょう。

b型肝炎の症状や感染ルートについて

b型肝炎はウイルス性の肝炎の一種で、大別して急性と慢性の二種類があります。いずれのb型肝炎も初期症状が倦怠感や食欲不振など自覚しにくい他、放置すると症状が重篤化して死亡する危険が高くなる共通点があります。

b型肝炎の種類は感染した年齢や経緯で分けられるのが一般的で、急性は主に成人後に感染した場合を指します。対して慢性は3歳以下の感染を指すのが普通です。感染経路も母体が妊娠中にb型肝炎を患う母子感染が多数を占めます。

慢性のb型肝炎は症状が出ない保菌者の期間が長く、本人も自身がb型肝炎を患っている自覚が無いケースがあるのが特徴です。そのため、症状が出ても他の病気と誤解してしまい、適切な治療が遅れてしまう問題があります。

b型肝炎の感染ルートは母子感染を除くと医療現場での感染が多数を占めます。かつては注射針やメスを使い回すのが普通だったので、予防接種や軽度の切開治療でb型肝炎になってしまうケースがありました。また、ウイルスに汚染された血液製剤を使うことで感染した事例もあります。

現在では医療器具の管理が徹底している他、医薬品の検査も厳しくなっているので治療による感染の危険は大幅に軽減されています。しかし、保菌者の治療に当たる医療関係者が稀にウイルスに感染してb型肝炎を患うケースもあるので、現在でも感染の危険性が完全に除去されたわけではありません。

表皮の傷からb型肝炎に感染するケースについて

医療関係者がb型肝炎の患者と接して感染するのは表皮の傷からウイルスが侵入するのが原因の多数を占めます。b型肝炎は病気の中でも感染性は低い部類に入りますが、傷や粘膜などにウイルスが触れると容易に体内に入り込んでしまいます。

また、医療関係者は業務の性質上、多忙から来る疲労で体力が低下している人が多いのが問題です。体力の低下によって感染リスクが増大している所へb型肝炎のウイルスに触れる機会に遭遇することで発症に至ってしまう結果になります。

医療の現場では様々な病気の患者と接するので、消毒や感染予防の対策を講じているのが普通です。しかし、ひとりひとりの体調を完全に管理するのは困難なので、万全を期しても感染する可能性をゼロにすることは出来ません。

医療関係者がb型肝炎の患者と接する際は感染を防ぐために使い捨てのゴム手袋を使うのが常識になっています。指先は患者の体に最も触れる部位なので、わずかな傷でも感染のリスクが大幅に増大します。特にささくれや深爪などの軽度な傷が付きやすく、場合によっては肉眼では確認出来ないほどの微小な傷が生じるのが問題です。

b型肝炎は傷の大きさに関係無く感染するので、見た目に異常が無くても必ずゴム手袋を使うのが医療関係者に必須の心得です。

指先にささくれを作らないための工夫

ささくれは指先の健康状態が悪いと出来やすくなる皮膚トラブルの一種です。栄養の偏りや疲労の蓄積など、日常生活で生じやすい些細なトラブルでもささくれが出来るので注意が必要です。また、消毒液による洗浄を繰り返すと表皮を保護する作用がある皮脂が無くなってしまい、ささくれをはじめとする肌荒れが生じやすくなります。

医療関係者は仕事の都合で頻繁に指先を消毒するのでささくれも慢性化しやすい傾向があることから、細菌感染を防ぐためのゴム手袋が必需品です。

また、肌の保湿性を保つためのハンドクリームも欠かせませんが、クリームの成分が手に残っていると医療器具や薬剤を汚染することがあるので頻繁には使えないのが欠点です。

指先のささくれを防ぐためには肌の保湿性を保つのが最も重要な条件になります。医療関係者は常に指先を消毒するので完全な保湿性の回復は困難ですが、食事メニューの見直しや疲労を溜めないなどの工夫である程度の改善は可能です。

また、ささくれの出来やすさは個人の体質も影響するので、人によっては健康上の問題が無くてもささくれが頻発することがあります。ささくれでめくれ上がった表皮を誤って引っ張ると傷口が広がる原因になるので、こまめに切除することが大切です。

b型肝炎に感染した場合の健康管理

b型肝炎は放置すると症状が重篤化して死亡する危険も大幅に増大しますが、適切な治療を受ければ健康面で重大な不具合に見舞われる心配はありません。その反面、b型肝炎は初期症状が単なる体調不良に酷似しているので気が付きにくく、適切な治療が遅れてしまう問題があります。

b型肝炎に対する迅速な対処を受けるためには定期的な検査が最も効果的です。医療機関が行っている人間ドックを受け、常に体調管理に気を配るのが難病への正しい対処法です。感染が確認された場合は速やかに治療を受け、後の健康管理について医師の指導を受けるのが健やかに暮らすための心得になります。

電話相談があることは知っていた?b型肝炎について

b型肝炎を他者に感染させないための工夫と正しい知識を持つ必要性

b型肝炎の保菌者はウイルスを他者に感染させないことを心がけることが大切です。b型肝炎は感染力が低い病気なので、隣に座ったり握手をする程度では何ら問題はありません。しかし、ウイルスは傷口や粘膜から体内に侵入するので、ささくれなどの傷が出来ている手で触れるのは避けます。

また、歯ブラシやかみそりなどの使い回しもb型肝炎の感染原因として知られているので、粘膜に触れる日用品の使い回しは絶対に行ってはいけません。保菌者との性交も感染原因の一つなので、コンドームを使って粘膜や体液に接触しないように心がけます。

b型肝炎の感染経路は医療機関で確認することが出来るので、自身が保菌者の場合は必ず正しい知識を学び、誤った接触で他者に感染させないように努めます。b型肝炎の感染経路を学ぶのは病気に対する偏見や差別を防ぐ目的もあるので、保菌者では無い人も正しい知識を持つことが大切です。

b型肝炎は難病ですが、適切な治療を受ければ危険性は大幅に軽減出来ます。そのため、病気に対する正しい認識を持つことが健やかな暮らしを保つ条件になります。